LiBER estate
LiBER estate
お役立ちコラム

不動産お役立ちコラム

トップページ不動産お役立ちコラム住宅マイホーム選びの参考に【宅建士が買った家を紹介】

住宅マイホーム選びの参考に【宅建士が買った家を紹介】

マイホーム探し2020年5月19日

こんにちは。リベルエステートの鑓田です。

お家探し、お家選び、ウキウキして夢が膨らみますよね。と、同時にすごく悩んだり迷ったりもすることもあると思います。

そんな方に実際に宅地建物取引士の僕が購入した家についてお話ししていきますので、是非参考にしてみて下さい!

じゃあ駅から歩いて行きましょうか。

 

まずは立地条件

駅から15分程の道中

駅前は特別栄えてる訳じゃないですね。ただ大きなショッピングモールがあり何でも揃いそうですし、マンションなどがゆとりをもった感じで建てられ落ち着いた雰囲気です。

ちなみに快速電車は停まりませんが電車を使うことがあまりないので気にしませんでした。

っていうか、ここのエリア自体あまり考えてはいませんでした(笑)。もともと住んでいた所からは一つ隣の駅になります。

駅を降りて道なりに真っ直ぐ行きます。コンビニが4軒、ドラッグストアが2軒、スーパー、公園、クリニック、クリーニング、トイレ、ごはん屋さん…家に帰る必要はなさそうですね。

歩道が広く設備されていてベビーカーや子連れでも安心して歩けます。道のりはほぼ平坦で家の近くが少し勾配になっていますが苦にはならない程度です。

ですので洪水・冠水の心配は無いと言えますね。また近くに川や大きな山もありません。海に面した街ですが、浜からは距離があるので津波の心配もないでしょう。

これら災害に関しては事前にハザードマップで確認しました。まぁみなまで言わずともお解り頂けると思いますのでこの辺で。

はい、着きました!15分程でしたね。周囲を見渡せば住宅街って感じです。十字路です。角です。

 

見落としやすい!騒音環境

向いがコンビニです。駅に繋がる道沿いにあります。片側1車線で交通量は多くもないが少なくもないといったところでしょうか。前面道路は約4mと少し狭く感じます。交通量は少なめ。『接面道路』『交通量』これ重要でしたね今思えば。

ズバリ『音』です。内覧時にはあまり気になりませんでしたが、夜寝るときと、窓を開けているとき。

クーラーのいらない春・秋ですね。車やバイクが通ると思いのほか音が大きいです。

改造車やステレオ爆音モード車両が通ると寝ている子供が起きないか心配です。…が、起きたことなさそうです。僕も。妻は知りません。

だって僕寝てますから!ただ寝つきの悪い僕にとってはちょっと…。

実家も以前住んでいた所も徒歩15分程でしたが、通りから少し中に入ったところですごく静かでしたからね。

ですがある程度慣れはするもんですね。大きなストレスにはなっておりません。

そもそも気にしないとか似たような環境にお住まいだった方は全然平気でしょう。もし気になっている物件があるのでしたら夜に周辺環境を見に行くのも良いと思います。

 

角地

それともう一つ、『角』。絶対に角地がいい!と思っていたわけじゃないです。だったらいいなくらいです。

角地のメリットは様々有り、大体の察しがつくと思います。ではデメリットは?

  1. 夏場が暑い
  2. 人目に付く。

ですかね。角地は陽当りが良く開放感があります。

しかし裏を返せば陽当りが良すぎて暑すぎるなんてことも。

そうすると対策が必要になったり、エアコンガンガンで電気代がぁ~となりますね。

2は通行人に触れる面が多いのでプライバシーを守る配慮が必要になったりします。注文住宅の場合は玄関の位置など設計に注意しましょう。

外から眺めて陽当たりをチェック

建売の場合は外から眺めて見てみましょう。

僕が購入した家は東側にお隣さんがあって全2棟の建売戸建です。

北側・西側は道路、南側にはマンションが建っておりますが、隣接しているのは平面駐車場になっているので陽当り良好です。また、周辺にも高い建物が建たなそうです。

あまり陽当り・風通しを気になさらない方もいらっしゃいますが、気を付けておかないと室内が湿気てカビの原因になったり、外壁にコケが生えてきたりしますので注意しましょう。

と、そんなこんなで立地を選びました。大原則として100%納得のいく物件はない。価格・立地・建物すべてを兼ね揃えた物件に出会えることは奇跡に近いでしょう。やはりどこかしらを妥協しなければマイホーム購入はむずかしいですね。

なので優先順位を決めて、できうる限り理想に近い物件を探してみましょう(^^)

もちろん駐車場付き

必須ですね。乗用車1台は余裕ですが、2台だとギリギリはみ出します。

所有してるのは1台ですので十分間に合いますね。余ったスペースはチャリ置き場として使います。

カーポートは別に必要ないかな?電源と水道が一つずつ付いていて何かと便利ですね。

外壁材はガルバリウム

今建売戸建で一般的に使われているのが窯業系サイディングと呼ばれるセメントを主原料としている板状の外壁材です。

ですが選んだ物件はガルバリウム鋼板を使った金属系サイディングでした。簡単に双方のメリット・デメリットを書いておきます。

サイデイング

メリット:防火性、遮音性、耐震性に優れている

デメリット:耐久性が低く、吸水性が高い為メンテナンス周期が早め

ガルバリウム

メリット:ひび割れ、凍害がない為劣化しにくい。断熱性が高く、耐久性が高い

デメリット:傷がつきやすく、塩害、錆に注意

まぁざっとこんな感じです。

ガルバリウムは錆びにくいと言いますが錆びるときは錆びます。サイディングもサイディングより目地のコーキングに亀裂が入ったり。

どっちもどっちな気がします。これはもうデザインとか好みですかね。

サイディングの方がバリエーションは豊富です。大事なのは定期的なお手入れです。僕自身どちらでも良かったです。

玄関ドア スマートキーは無し

いらっしゃいませ~。

気付きました?そう、今は建売でも玄関ドアがスマートキーになってるところもあるんですよね!

いつも便利そうだなぁって思って見てます。…うちには付いてないんですけど。

オプションで7万円位で付けれるみたいですよ。ううう。これはなかなかso goodなアイテムなので付いてる建売はいいですね。

玄関の照明

玄関の外と内がセンサー仕様になっています。センサー範囲と点灯時間を設定できます。

非常に便利です。階段、トイレ、脱衣所等もセンサー仕様にしたいと思いました。おすすめですよ。

汚れの目立たない玄関タイル

やっぱり玄関タイルは白!広く見えるし明るくスッキリしますよね。けど考えてもみなさいよ。

子供が泥だらけにして帰って来るし、傷だってつくし、ペットがいれば尚更…。じゃあ毎度の如く掃除・手入れします?

かーちゃん泣くぜ?うん、薄茶色のような肌色のようなタイルで良かったです。

シューズボックスは備え付けで大容量。人数にもよりますが大きめをお勧めします。

が、うちのは床から天井までドーンてタイプなので鍵や小物をほっぽっとけないんですよね。腰上位の収納棚があったら便利ですね。

幸いシューズボックスにスペースがあるのでそこに工具やら鍵やら入れてます。ただやっぱり開け閉めが手間ですね。

床の無垢材は魅力的?

お家の印象を決める大事な部分ですよね。色や素材でガラッと変わります。

黒系、白系、無垢…。個人的には無垢材が魅力的だなぁと思います。肌触りや木の温もりを感じますよね。

最近では建売でも無垢材をふんだんに使った物件もあります。ただ辿り着いた答えは『無し』、結論を言えば『めんどくせぇ』。

無垢材の弱点

無垢材は水に弱くシミになりやすい。また濡れたままにしておくと腐朽菌が繁殖する恐れも。

考えてもみなさいよ。子供が飲み物こぼしたり、キッチン・水回り、妻に首を絞められて失禁したり、ペットがいれば尚更…。

じゃあ毎度の如くシミ抜き・手入れします?かーちゃん泣くぜ?うん、無垢は諦めよう。傷も付きやすく、膨張・収縮による隙間や反り返りも考えられるし。

家は長期的に住むものだから手入れの手間やランニングコストを考えれば無垢でなくてもいいかと思いました。

アウトオブ眼中なのはダークブラウン系ですねもう傷がめちゃくちゃ目立ちます。

劣化して色褪せもします。実家もそうでした。

では僕のうちは?オークを使った複合フローリングです。明るめで木目が良い感じです。家の雰囲気にも合っていましたので気に入りました。

各所ドアはフルハイドア

これは特に気に入った理由の一つです。『フルハイドア』名前の通り床から天井いっぱいまでのドアです。

一般的なドアは枠が設けられています。

そのため上部は天井から下りがあり閉塞感がありますがこのドアは枠がなく天井まで伸びているのでかなりスッキリした印象です。

また、引き戸、観音開きのタイプでも床にサッシやレールが無いので地続きになり掃除の手間が省けます。

 

1階のウォークインクローゼット

1階間取りは3部屋、トイレ、ウォークインクローゼット。ここでフォーカスしたいのはウォークインクローゼットです。

主寝室の中にウォークインクローゼットがあります。家全体的に収納が確保されているならば無くてもいいかとも思いますが。あったほうが良いです。収納大事です。

ただこのウォークインクローゼットで注意したいのが『小さめ』『無駄に棚が多い』です。

無駄に棚が多い作りだと使い勝手悪く、上手にスペースを活用できない事があります。

作りが小さいとかなり手狭に感じます。2.5帖位だと夫婦二人ですぐいっぱいになってしまうかも。

ウォークインがある物件、ウォークインを間取りに入れるというのであれば、思い切って少し大きめにすることをお勧めします。

階段は幅に注意!

まず階段を気にする人は少ないでしょう。が少しだけ気を配ってみましょう。

うちの階段はコの字になっていて手すりが付いています。幅は全然気になりませんがすこ~しばかり狭くなっている?

2階がリビングなので家具・家電を上に運ばなければいけませんね。

だいたいのものは問題なかったのですが、階段から運べなかったのが、冷蔵庫とカップボード。

冷蔵庫は特に大きいわけではなくむしろ気持ち小さい?カップボードも2ブロックに分かれていますので業者の人も大丈夫でしょうとのこと。

コの字旋回の罠

じゃあ冷蔵庫いってみよ~う!コの字をうまく旋回出来ないみたいですね。

聞けばコの字の作りだとまぁまぁよくある事みたいです。手すりを外しましょう。

うまく外れませんね。けけけ。こいつはクレーンだな。くくく。

冷蔵庫とカップボードは届くのが別の日だったので結局クレーンをつかったのは2回。金額は忘れましたが数万円しました。

無駄な出費でした。階段の幅と物のサイズは測っていましたが少し安易でしたね。皆さんは気を付けて下さいね。

2階間取り

リビングキッチン、バスルーム、洗面脱衣所、トイレ、バルコニー。

2階がリビングですから動線を考えると水回りが一か所にまとまっていないと大変ですよね。また水回りをまとめておかないと建築費用がかさみます。

妻は一階に寝室とバスルームがあると子供がそういうお年頃になった時に顔を合わせる機会が減るとのこと。

なのでリビングを通ってバスルームに行く間取りに。また廊下を作らずリビングイン階段にすることによっても家族と顔を合わす機会が増えます。

リビングイン階段

ただリビングイン階段で気を付けておきたいのは空調と音。開放的な作りが裏目に出て、部屋が温まりにくかったり、冷えにくかったりします。

音もやはり遮るものが無ければ響きますので注意が必要ですね。

開口部が階段の間口部分だけでしたらドアを付けるのも良いと思います。

子供の落下防止にも良いですね。我が家は設計上ドアを後付けすることが出来ませんでした。まぁしゃーないか。子供が落ちないように柵だけネットで買いました。

リビングは一番のこだわりポイント

リビングは生活の中心となるスペースですね。一番こだわる場所だと思います。

僕も探していた条件として『採光』『20帖以上』『2階リビング』『勾配天井』『対面キッチン』と、項目が多いですね。

中でも2階リビングで勾配天井が第一条件でした。そうすることにより陽の入りが良く、圧迫感のない開放的で広くスッキリとした印象になるからです。

一階の平面天井と見比べても圧倒的な違いを感じました。ただやはり勾配天井にもデメリットがあります。

またもや空調問題。広い空間なので部屋が温まりにくく冷えにくい。メンテナンス面でいうとクロスの貼り替えが大変ですね。

別に僕が貼るわけじゃないですけど。天井が高いので室内に簡易足場を設けなければいけなくなることがあります。

となれば手間がかかるので時間と費用がかさみますね。これらの事は吹き抜けがある間取りも同様と言えるでしょう。

吹き抜けに関してお勧めできないのは1階からの吹き抜け。何故かというと、音の問題です。例えば1階がリビングで2階が愛の巣だとしましょう。

1階と2階の間には断熱材や吸音材といったものを入れ、防音まではいかないが音が伝わりにくいように配慮された場合が多いですが、吹き抜け部分と接している2階の寝室の壁にはそういったものを入れない業者さんが多いので音が響きやすい事があります。検討されてる方はより検討して下さい(笑)

2階リビングは買い物をした際荷物を運んだり、来客があった時昇り降りが面倒ですね。

子供の帰宅や外出がわかりにくく、また老後や介護が必要になった時の事も踏まえて検討してみてください。

リビング照明

ちょっと悩んだのがリビング照明ですね。天井が斜めになっているので、ピッタリと天井に付くタイプのシーリングライトですと照明が斜めに付くようになります。

ちょっと不格好ですよね。

かといって吊り下げタイプだとせっかくの天井高がぶら下がった照明のせいで良さが殺されそうです。

北側にはダウンライトが設置されていますのでいいですが、南のバルコニー側はどうしましょう?

解決案は梁に付けられたダクトレールを使う。

勾配天井は梁が剥き出しになっているデザインが多くみられます。

その梁まで電気を引いてダクトレールを設置し照明を付ける。梁は縦と横に出ているので口金サイズがE26のものを3つずつ計6個。

最初足りるかなー暗いかなーって思ってましたが付けてみるとちょうど良かったです。

ほんの気持ーち程度暗いですが却って落ち着いた雰囲気になりました。

ダクトレール照明の利点は電球の位置や数が自在だということ。

また今回スポットライトタイプを採用したことにより首の角度も変えられるので光を好きな方向に集めることができました。so good.

キッチンと照明付きの棚(これいる?)

キッチンは標準装備ですね。

カップボードは付いていませんでしたが、収納はばっちりです。食洗器も付いてます。

食洗器はできれば少し大きめが良いかもしれませんね。鍋やボウルやらまとめて入れていくと入りきらないことも。

反対側のキッチンカウンターの下には奥行きが小さい棚が2段、カウンターを囲むように設けられています。

小物が置けるようになっています。置いてませんが。

そのうちの1段、ダイニングテーブルと同じ高さでしょうか、壁沿いに伸びていて奥行きも広くなっており、コンセントとスタンドライトが設置されておりますな。

おそらくリビングでお子さんが勉強できますよ~、パソコン作業にピッタリです!ってことでしょう。

「いらねぇ~(笑)」。その優しさが人を傷つけることもあるんですよ!

けど付いてるもんはしょうがないですね。お雛様とか兜とか飾ってみるか。

季節ものだし。せっかくだから少しパソコンでもここでいじってみるか。「悪くねぇ~(笑)」。今は子供が昇って窓から景色を眺めていて気に入っているようです。

設計者さんありがとうございます~(笑)

トイレは必須。いらないのが手洗い場

1階と2回に1つずつ。2つあっていいですねこれは。普通に使います。いらないのが手洗い場です。

おそらくほとんど使いませんよ?だいたい横が洗面台になってるので事足りるんじゃないでしょうか。検討されている方は本当に必要かどうかご再考を。

洗面・脱衣所

なんの変哲もないですね(笑)強いて言えば蛇口が収納式のホースだということ。

今は当たり前に付いてますね。スペースは気持ち狭く感じます。もう少し収納が欲しかったですね。広さは1坪が一般的。

バスルームは一般的な1616サイズ

引っ越して一番感動したというか違いを感じたというか。お気に入りの場所です。

一緒に入ります?デへへ(笑)

さぁ覧ください!このなんの変哲もないバスルームを!!

浴室の広さって大体決まってるんですよね。これはユニットバスのメーカーサイズが決まっているためです。

0.75坪、1坪、1.25坪、1.5坪とあり、中でも1坪で1616というサイズが一般的です。

うちも1616です。基本的に浴槽の奥行きはほぼ変わらず、浴槽の幅と洗い場の広さが変わります。

1616を分かりやすいサイズ感でいうと、カイグリーンではギチギチ。サディークでギリギリ。一般男性ならおそらく十分でしょう。2歳の息子と入りますがそれでも十分です。

0歳の娘と3人で入っても全く狭いと感じませんね。妻と4人で入ったことはありません。

以前住んでいた所は狭かったです。体を洗っているとよく壁にエルボーしていましたし、浴槽も狭く体育座り状態。

なので初めて入った時「ひろ~い」「ゆったり~」「清潔~」(当たり前)って思いました。バスルームは1日の疲れを癒すリラックススペースでもありますからね。

バスルーム2つの注意点

バスルームで注意したいのは掃除の観点から2つ。

広さと色調。やはりバスルームも清潔に保ちたいですよね。カビにはもちろん要注意。妻も毎日最後に拭き上げ作業をしてくれています。

湿気おばさんなんて言ってちゃかしてますが、ありがとう。

浴室が広いととにかく掃除が大変。大きければ大きいほど快適という訳ではありません。

ご家庭によって使いやすいサイズは異なりますのでご検討を。色調はブラック系はお勧めしません。水垢等の汚れが非常に目立ちます。

汚れ自体は洗えば落ちるものの、毎回掃除するのはなかなか大変だと思うんですよね。

ブラック系はお洒落だし需要がありますが、やはり汚れが気になるというお声が多いです。

ホワイト系でも同じように汚れてはいるのですが、目立ち方全然違います。以上のことを踏まえてもう一度浴室について考えてみて下さい。

ちなみに洗い場のカウンターは使わないので取っ払っちゃいました。基本的には取り外し可能な仕様になっています。掃除の手間が省けて少し広くなりました。

浴室乾燥機は付いていました。個人的にはあっていいと思います。

インナー&ワイドバルコニー

この物件の目玉ともいえるのがこのバルコニー。

インナー&ワイドバルコニーになっています。だったらもう少しリビング広めにとってくれたらよかったな。が第一印象。こんな広くてどうすんのさと。

インナーバルコニーは直射日光が避けられます。室内にガンガン陽が入ることを避けられますし洗濯ものを干す際も日焼けすることは無いでしょう。

もちろん雨も防げますね。しかし場合によっては薄暗く感じることもありますので要注意。

部屋との境がフラットであれば部屋の延長として見せることもできるのがメリットの一つですし、作りよっては半屋外の部屋にもなります。

デメリットは先ほど書いた陽当りとコストがかかることです。もう一つ注意したいのは風通し。開口部が一面にしかないと風通しが悪くなるので設計に注意しましょう。

ワイドバルコニーに関しては掃除が少し大変。どうしても砂・土埃が入りますので洗い流す必要があります。子供が裸足ではしゃぎますからね。

6帖ほどあるので水撒いて、ブラシかけて、水撒いて、水切ってとやってるとなかなかのもんですわ。

これは僕の仕事で毎度腰をヒーヒー言わせています。それでも結論、良かったなと。庭が無いので庭代わりに。

夏場プール出したり、ランチしたり、BBQしたり。

南側にはプライバシーに配慮してルーバーが備え付けられていますので、パンイチでつっ立って星を眺めていても誰も気にしませんし。

最近まで知りませんでしたが富士山も見えるそうです。バルコニーには照明と電源が一つずつ。水道が欲しかったですね~。

物置き兼本棚になるロフト

リビングから階段を上がればロフトです。ロフトや屋根裏収納はあったほうがいいですね。

基本的には物置きとなるでしょう。収納スペースとして活用されることが多いと思いますが、子供の遊び場、寝室、書斎、趣味と使い勝手の良い空間でもあります。

うちは物置き兼本棚にしてます。皆さんはどう使われますかね?

これ必要?アクセント壁紙

玄関と1階の3部屋にはアクセント壁紙が貼ってあります。一面だけ違う色柄のクロスを貼るアレですね。

最初玄関に入った時「ダサッ(笑)」って思いました。これいるか?(笑)薄緑色?のクロスで帯状にタイルが貼られています。

まぁ気にならないと言えば気にならないですが。このタイルに関しては理解できなかったんですが、気付いたんです。

僕は座って靴を履きません。また座って靴を脱ぐこともありません。何でですかね?この時バランスをとる手のやり場に困っていたんですよ。

シューズボックスに手をつけば開いてしまうしやたら壁紙に触って黒ずんでも嫌だなと思ったところにこのタイルですよ。

君はそのためにいたんだね~。剥がすのは勘弁してやることにしました。その他のアクセント壁紙たちは控えめですので良しとします。

僕が言いたいのはアクセント壁紙本当に必要か?マッチしてるか?ということ。飽きも来るだろうし、あまり必要性を感じませんでした。

宅建士が買った家まとめ

いかがでしょうか。なんかあんまり参考になってないなって思いました(笑)あんまり考えてないとか、どっちでもいいとか。

けどそんなもんです!

僕が実際この物件を選んだ一番の理由は『ビビッときたから』です。大原則で書いたようにいくら探しても100%納得いく物件は出てきません。

いいなと思ったら買うべきだと僕は思います。

何故ならば、良いなと思った物件は他の人も良いなと思ってるからです。まごついていれば他の人に買われてしまいます。

では次に気に入る物件が出てくるのはいつでしょうか?

明日かもしれませんし、10年、20年後かもしれません。

不動産は一期一会ですからね。マイホームを買おうかなと思ったらすぐ準備しましょう。

いつでも買えるようにね。いいなと思った物件は買っちゃいましょう。

営業マンが煽るのはあながち嘘じゃないんです。

お客様を思えばこそ。「うそくせ~(笑)」けどホントですよ!最低限失敗しないように気を付けていれば慎重になりすぎる事もないかと。

大切なのは信頼できる不動産会社、営業マンをみつけること。きっと上手に丁寧にリードしてくれるはずです。

まぁそれが難しいんですけどね(笑)余談ですが子供の頃、親との会話で口癖が「別に」と「普通」だったことをブログを書いてて思い出しました。

別にってなんじゃい!聞いとろーがいやぁ!

牛丼屋のテイクアウトじゃないんですよ!?子供たちよどうかワシに似んといてくれ~。

それでは。ありがとうございました。

COLUMN 不動産お役立ちコラム

BLOG 大田区ブログ

  • お電話でのお問い合わせ

    03-6715-5356

    受付時間:9:00〜19:00
    定休日:毎週水曜・第二第四火曜・お盆・年末年始

  • LINEでのお問い合わせ

    LINE友達追加
  • メールでのお問い合わせ

    お問い合わせ