LiBER estate
LiBER estate
大田区まちブログ

大田区まちブログ

トップページ大田区まちブログ注文住宅のコスト削減は可能? おすすめ節約ポイント

注文住宅のコスト削減は可能? おすすめ節約ポイント

生活2020年4月12日

こんにちは!前回のご挨拶編から

不動産屋で働くママが家を買うまで‐ご挨拶編‐

特に進展があるわけではないのですが、思いは強まる一方。

「マイホームは一戸建て!」とお考えのみなさま。注文住宅が理想の方、きっと多いですよね~(^^)/

わたしも最近ではInstagramを夜な夜な見まくっています。#注文住宅 #ローコスト住宅

なにこの庭!!野球できるじゃん!!てレベルの神々しい豪邸だったり

来客用にリビング、キッチンは豪華に、その他は激狭に!なんてちょっと身近に感じるお宅も。

常日頃いろんな物件を見て回っておりますが、わたしたちでも「おぉ~」と見入ってしまう戸建てばかりでして、

見ていて妬けますね~。(^^)/

 

注文住宅でコスト削減はできるの?

注文住宅を建てるうえでコストダウンできるポイントはいくつかあります。

ですがそれぞれここだけは譲れない間取りはあるはずです。

ちなみに私の譲れない間取り

  • 3LDK以上
  • 和室いらない
  • 洗濯時にバルコニーまで一直線できるよう水回りを2階に集約
  • 17帖以上のリビング
  • キッチンパントリー
  • 闘牛(犬)が走れるほどの庭
  • 駐車スペース

ほんとの理想は平屋なんですよ(笑)階段掃除機かけるのめんどくさいので。平屋は言うまでもなく無理だと自覚しているので諦めています。

自分が妥協のできる部分は何か考えたうえで参考になれればと思います。

 

コスト削減・節約のおすすめポイント

◆総二階のすすめ

一戸建ては平屋・2階建て・3階建てとありますが、2階よりも3階の方が高いイメージ湧きますよね。

平屋は言うまでもなく必要になる土地も2倍になります。よって1番コストが掛からないのは2階です。

また屋根の形や間取りの形状を複雑にすればするほど柱や壁の数も増えるのでコストが掛かります。

 

◆水回りを集約

キッチン・トイレ・お風呂、できるだけ近い位置にしましょう。

離れた場所にしてしまうと施工の際水道管などを床下に長く引くことになるのでその分コストが掛かります。

また、10年程するとリフォームも必要になってくるのでそのためにも配管はまとめておくのがベストですね!

 

◆窓の数を減らす

窓の数を減らして大きい窓を作らないようにするとコスト削減になります。

窓の数が多くなればその分の設置費用が。窓の大きさも面積が広くなればその分コストが掛かります。

 

◆トイレの数をひとつに

もちろん家族の人数を考慮しなくてはなりませんが、ひとつにするほうがコスト削減できます。

トイレひとつ作るのに30万円ほどかかるので十分設備費、工事費を削減できます。

 

◆リビングイン階段

最近流行りの「リビングイン階段」でコスト削減ができるってご存知でしたか?

リビングイン階段にすることで、壁と廊下をカットでき、コスト削減できます。

廊下を作ると床面積が増え、作業料と人件費がUP。さらに壁が増えると材料費がUPします。

この二つをリビングイン階段にすることでカットできるわけです。

リビングイン階段にすれば、子供たちが必ずリビングを通って二階に上がるため、自然と家族が顔を合わせる仕組みが作れます。そこも人気のポイントです。

 


 

ちなみにわたしの実家は15年程前に注文住宅を建てましたが、2階トイレは今ごろ蜘蛛の巣張ってるんじゃないかってぐらい化石化しています。

2階にトイレ絶対必要でしょ~!!と弊社の営業スタッフは言っておりますが、

※特にこの方。弊社エリアマネージャー佐藤勇さん

わたしは必要性を感じてないです。ただ、勇さんのような精鋭スタッフに言われると2階にもつけておかないとヤバイんじゃないか感に陥ってしまいます(笑)

あとは人気のDIYですね。

家を建てて完成ではなく、自分たちの手で少しずつ住みやすく快適な家にしたい方が増えています(^^)/

自分の好きなようにDIYする事によって家具・部屋に愛着が湧くそうですよ♪

 

コスト削減してはいけないポイント

もちろんコストダウンしてはいけない部分もいくつかあります。

どちらかというと見えない部分が多いので、ついコスト削減したくなりがちですが、家族の安心と安全のために必要な見えない部分こそコストを掛けておくようにしましょう。

 

◆耐震性・耐火性に関わる部分

防災に関する部分のコストダウンは避けましょう。

大きな地震や火事など災害はいつ起こるかわかりません。万が一に備えておくことが大切です。

 

◆防犯・セキュリティに関する部分

大切な財産とともに生命さえも危険な家になってしまい、安心して暮らせなくなってしまいます。

鍵や扉、窓などは安価なもので済ませたりせず、安全性を重視しましょう。

 

◆外壁・屋根

安ければ安いほどメンテナンス費用が掛かります。

1番安いグレードのモノだと5年に1回のスパンで100万円ほど掛けなければなりません。

 


注文住宅のコスト削減・節約まとめ


 

コストダウンのコツはなにごともシンプルに。

見えない部分は家族の安全のお守り代わりとしてコストは掛けておきましょう。

土地や住宅会社を決めてからではコストダウンの効果が薄れてしまうので、「土地」や「建物」の契約前にコストダウンの交渉を行うのはもちろんですが、

「不動産会社」や「住宅会社」を探し始める前にコストダウンについて考えておくことが、家づくりに成功する秘訣と言えます(^^)/

家欲しい~。(笑)

COLUMN 不動産お役立ちコラム

BLOG 大田区ブログ

  • お電話でのお問い合わせ

    03-6715-5356

    受付時間:9:00〜19:00
    定休日:毎週水曜・第二第四火曜・お盆・年末年始

  • LINEでのお問い合わせ

    LINE友達追加
  • メールでのお問い合わせ

    お問い合わせ