LiBER estate
LiBER estate
大田区まちブログ

大田区まちブログ

トップページ大田区まちブログ大田区は子育てしやすい? 知って得する大田区の子育て支援制度

大田区は子育てしやすい? 知って得する大田区の子育て支援制度

生活2020年2月14日

夢のマイホーム。

きっかけはなんでしょう??

結婚・出産からはじまる方も多いのではないでしょうか。

私にも2歳の子どもがおりますが、子どもひとりの存在でこんなにもお家選びが慎重になるのかと痛感しています。

今回声を大にして言いたいのが

特にママにとって子どもの育てやすさは家を購入するうえで大事なポイントだということ。

 

弊社のコンセプトは

ママが輝くマイホーム選び

 

周辺環境だってそうです。水廻りの配置だってそう。キッチンの設備だってそう。

リベルエステートはママが笑顔になるお家選びのお手伝いをさせていただいております。

 

そもそもここ、大田区はどうなんでしょう?

子育てしやすいのか。

 

まず結果から。

大田区は子育てに向いています。

その理由の一つ、今回は大田区の子育て支援制度について詳しくご説明します。

 

大田区は子育て支援制度が充実している

大田区の子育て支援制度は充実しています。

大田区にしかない独自の制度が豊富に用意されてるのでご紹介しますね。

 

支援制度一覧

  • 児童手当出産育児一時金の支給
  • 妊婦健康診査費用助成
  • 子ども医療費助成
  • 認証保育所保育利用料助成
  • 私立幼稚園保護者補助金
  • 保育サービスアドバイザー
  • 出産・育児支援事業かるがも
  • 子ども家庭支援センター
  • 子育てハンドブック
  • おおた子育てナビ
  • すこやか赤ちゃん訪問
  • 子どもの一時預かり
  • ショートステイ
  • 休日デイサービス

上記の中から3点詳しく解説していきます。

 

子ども医療費助成制度

子供医療費助成制度は0歳から中学生までの子どもが対象の医療費の自己負担分と入院時の食事療養費の標準負担額を助成してもらえる制度です。

区内に住民登録をしており健康保険に加入していれば、利用できます。ただし、入院時の食事代はいったん家庭で負担し、後日に還付請求する方式です。

 

認証保育所保育利用料助成

認証保育所保育利用料助成制度は、東京都の認証保育所にお子さんを預けている保護者に対して支払われる保育利用助成制度です。

受け取るためには、保護者と子どもの両方が大田区に住民票があることや、認証保育所と月160時間以上の月極利用契約を結んでいるという条件があります。

 

子ども家庭支援センター

子ども家庭支援センターは、子どもと家庭に関する手厚いサポートを受けられる施設です。

子どもに関する相談だけでなく、登録している会員同士で子どもを預けたり預かったりできる「ファミリーサポートおおた」や一時保育の「キッズなルーム」を開設しています。

 

 


 

大田区の子育て支援制度まとめ

いかがでしょうか。

ひとつお伝えしなければならないのが大田区の待機児童数が23区中、ワースト4位だということ。

平成29年4月の時点では572名。

ですが大田区がんばっていますよ。

平成30年4月の時点で待機児童が250人。

待機児童を減らす改善に力を入れています。

具体的には、保育所の新規開設です。大田区は毎年保育所を増設しており、令和2年の4月までにあと14個の保育所を開設する予定です。

少しでもお家選びの参考になればと思います^^

COLUMN 不動産お役立ちコラム

BLOG 大田区ブログ

  • お電話でのお問い合わせ

    03-6715-5356

    受付時間:9:00〜19:00
    定休日:毎週水曜・第二第四火曜・お盆・年末年始

  • LINEでのお問い合わせ

    LINE友達追加
  • メールでのお問い合わせ

    お問い合わせ